カテゴリー

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

プロフィール

ばっじお

  • Author:ばっじお
  • 横浜に住むオヤジ「ばっじお」
    そろそろ年齢的にやばいじゃん!
    身体が動くうちにいっぱい遊ばなくちゃ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

オヤジの季節
釣り、サッカー、バイクが大好なオヤジのお気楽日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メジマグロチャレンジ!
「明日は天気が良さそうなので、行きましょうか~!」
「ハイ!どうせヒマしているから、ぜひお願いします!」
それでは、最初にメジマグロやって、日中は深場、夕方またメジやりますよ。」
「ハイ!わかりました!(マグロだって!スゲー!)よろしくおねがいします!」
メジマグロって?・・・本マグロの子供らしい・・・
ってことは、マジでホントのマグロじゃん(笑)

8:00にマリーナを出航して、ひたすらかっ飛ばし30分ちょい。
ポイントは城ヶ島の遙か沖合に浮かぶブイのまわり。
すでに現地は100隻以上の船が集まっている。
かなり波が高いのに船の間隔が狭いところだと5mぐらいで今にもぶつかりそう。

「ハイ!入れて!」
「そっちも投入して!」
船長は操船に専念しているため、2本のロッドのつけエサ、コマセをほとんどひっきりなしに
付けては投入し、タナを取るの繰り返し。
下を向いてエサを付けていると、揺れとコマセの臭いでグロッキー気味に(^_^;)
ウププ感とアブラ汗と格闘しながら作業を続ける。

「ほら~!かかっているだろ~!!あげて~!」の船長の声!
見ると棒のような太いロッドがしなっている!
急いででっかい電動リールで巻き上げ、天秤を回収してハリスをたぐるとメジが水面に見えた!
「抜きあげて~!!」
「ハイ~ッ!」
抜きあげようと力を込めた瞬間、「痛いっ!」
メジが突っ込んだ勢いで、ハリスで手が切れてしまい、つい離してしまった。
「何やってんだ~!」
船長が駆け寄り、グワッと抜きあげる。
甲板ではメジがバタバタ暴れている。
「(スゲー!マグロだ!写真撮りたいな。)」
腹の中を見透かされたように、船長の声が!
「ぼやぼやしないで!食っている時はどんどん入れる!」
「ハイ!」
感激に浸るまもなく付けエサ、コマセを投入。
何度か繰り返すもゴマサバが釣れるだけで群れは去ったようで一段落。

その後、深場に移動し、ノドグロ、スミヤキなどをゲット。

はじめてのメジマグロで幸運にも顔を見ることができたが、ほとんど船長におんぶにだっこ。
アタリの瞬間も見ていないし、取り込みもしていないし・・・
逆に足手まといになってしまった感じで情けない。
もうちょっとテキパキと動けるようにならなくてはと反省しきりの一日でした。
meji2.jpg


船長、どうもありがとうございました!
これに懲りずにまた誘ってやってください
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

初冬の深場釣り
日曜日は、銀ワサ?船長のありがたいお誘いで相模湾深場釣り。
水深はなんと200m~250m。
マリーナを出た頃から怪しげな風が吹いていたが・・・
城ヶ島を過ぎ、剣崎沖に出ると半端じゃない北風と波。
「こんなんでマジやるんすか?」
心でつぶやきながら準備に取りかかる。
「はい!始めて良いよ~!」
こんな波、どうってことないってな感じで船長の声。
波をかぶりながら船から振り落とされないようにへっぴり腰で投入!
仕掛けはオモリが200号でハリス7号のデカ針5本にサバの切り身。

ここでは良いサイズのノドグロが釣れた。
頭がカサゴで身体がメバルみたいだが、なかなかの高級魚らしい。

1時間半後、船長がおいらの身を案じて相模湾に移動。
山の陰になるから剣崎沖とは別天地。
ここではまったりモードでノドグロ、スミヤキ、ドンコなんかが釣れた。

20051121225102.jpg


おいらが偉そうに持っているのは、幻の魚「アカムツ」
グッドサイズの50cm、1.5kg!
もちろん、おいらじゃなくて船長が釣ったのでした。
なんと5000円/kgぐらいする超高級魚です!
船長が持っているのが、おいらの獲物のノドグロ(赤)とスミヤキ(黒)

ノドグロは煮付け、スミヤキは塩焼きでいただきましたが旨かった!
スミヤキは中骨の他に皮と身の間にも骨がある変わった骨格の魚でした。
一杯ひっかけてたら強烈に眠くなり10時頃には爆睡。

船長!どうもありがとうございました!
またよろしくおねがいします!


テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

日本vsアンゴラ
行ってきました、国立まで。

会社を1時間早退し、コンビニでつまみと紙パックJAPAN酒を仕入れ
アウェーゴール裏の先発席取りチームと6時ちょっと過ぎに合流!

たっぷり1時間半ほど勢いをつけて、始まる頃には良い気分
やっぱりJAPAN酒のストロー攻撃は効く~(笑)

そんでもって、あややの国歌斉唱にずっこけ~(爆)
でも妙にほほえましくて良かったかも?
何年か前のF1で聞いたグ○ーブのケ○コさんよりはよっぽどマシ。

さて、試合の方は良い感じでパスは通るしシュートを決める!
はずが、ポストにあたるはキーパーの正面をつくは、満月を目指して舞い上がるはで
結局、無得点で前半終了~!

高原はポストに2回当たったりして、不運?
でもあのヘッドはドフリーだったので、たたきつければ何にも問題がないのになあ。
ゴールラインにたたきつけるってヘディングシュートの基本中の基本でしょ?
それとヤナギ、高原ともにシュートがあまりにも素直過ぎ。
ゴール裏で見ていると、GKが守りやすいシュートばかり。
課題は相変わらず克服できず!

それにしてもジーコ様は・・・この試合も勝ちにこだわりすぎたのか?
新しい戦力とかコンビネーションのテストは松井と阿部だけ。
二人とも後半最初から使うとかねえ・・・

本番ではレギュラー陣の体調不良者がでないことを祈る!


テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

箱根ツーリング・・・
今日は朝からとても穏やか!

よっしゃ!寒くなる前に箱根までひとっ走りしてくるか~!

革ジャンにブーツを着込んでいざ出発!
天気の良い日曜日は久しぶりなので車の量が多い。
ある踏切に差しかかったときにも、車の長い列が出来ていた。
いつもは路肩をすりぬけていくのだが、今日は気持ちがはやっているのか?
「行ってしまえ~!」
そう、黄色い線の向こう側をグワッーと一気に先頭に立とうとしたその瞬間!

制服制帽のおじさんが棒きれを振って手招きしてます!

うーん、やられた!
「真面目そうな感じだけど、やっちゃうんだねえ」
「踏切がしまっていたから対向車が来ないし・・・」
「そう言う問題じゃなくて、黄色い線はダメでしょ!」
「はい、今日はカンがイマイチです。」

ホント、いかにもやっていそうな条件がそろった場所だ。
ホイホイと網にかかった自分が情けない。

青切符、7000円を切られて意気消沈。
ツーリングする気力は残っているわけもなく、そのままUターン。
やけに空の青さが目にしみるのだった(笑)


テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

フローターでシーバスチャレンジ!
日曜日はホントに穏やかな天気で絶好のフローター日和。
ってなわけで、1年前から目をつけていたあの場所にGO!
あの場所とは横須賀市某所。
15時近くに入り、めぼしいポイントを目指すがなかなか進まない。
淡水と違い、波があるし潮が満ちてきているからか、水が重く感じる。

魚の反応がないまま、時間が過ぎていく・・・
って言うか、波に翻弄されて釣りにならず、ちょっとした船酔い状態(^_^;)

5時近くなって陽が沈みかけ、ベイトで水面がざわついてきた。
ベイトは5cmぐらいのイワシのようだ。
マッチザベイト(のつもり?)で、ナイトレイド8cmホロイワシを選択し、あたりをうかがう。
背後で待望のボイルがおきた。
すかさず、ちょっと先にキャストして2巻きしたところでゴンッ!

「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」

ロッドがしなりドラグがジッーと音を立てる。
フローターごと引きずられるが、足をじたばたさせてこらえる。
ブラックバスは言うに及ばす、ベイエリアのシーバスよりもかなりパワフルだ。
やはり良いモン喰って、いっぱい運動していれば元気だよなあ。
格闘の末、あがってきたのがコイツ!推定60cm。
シーフロ

やっぱり、フローターは楽しいなあ(^_^)

近くの手こぎボートのおっちゃんに頼んでパチリ。

このポイントはこの時間からスーパーポイルが始まるのだ。
しかし、ここで体力の限界で終了。
なんとネオプレーンのウェーダーが全体的に浸透性になってしまい、海水の冷たさが身にしみる。
ウェーダーを新調して再度チャレンジしよう。
たぶん年内は楽しめるはずだ。

Donfan殿!一緒にどうよ?


テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。